センター長挨拶

 平成20年10月6日に島根大学医学部附属病院は、島根県肝疾患診療連携拠点病院に指定されました。指定当初から、肝疾患診療連携拠点の業務に責任ある立場として携わってまいりました。 肝疾患に関する様々な情報や県内の専門医療機関等に関する情報の収集や提供を行うとともに、市民・患者さん・患者さんのご家族、医療関係の皆様に対して市民公開講座、肝臓病教室、家族支援講座や教育セミナー等を行っております。また、島根県による肝炎医療コーディネーターの養成にも協力して取り組み、県内の肝疾患患者さんやご家族への支援体制の充実をめざしています。肝疾患相談・支援センターには肝臓専門医・看護師・医療ソーシャルワーカーの相談員が、肝炎治療、治療費助成制度、セカンドオピニオンや肝炎訴訟などの相談に対応しております。

センター長 佐藤 秀一

センター長 佐藤 秀一

 全国B型やC型肝炎ウイルス感染者は300万人ともいわれており、まさに国民病です。一人でも多くの肝疾患患者さんを最新・最善の治療に結び付けられるように、また肝疾患患者さんの悩みを解消できるように、また、県内の多くの方々に肝臓病をご理解いただけるように日々努力してまいります。今後とも、肝疾患診療拠点病院の活動に、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願いします。

島根大学医学部附属病院
肝臓内科 診療科長
佐藤 秀一